年金が少ない!生活苦、下流老人からの脱出方法は、日用品を買いながら出来る副業!

*

「ウサギとカメ」、あなたはどちら型ですか?

      2016/05/18

ようこそ!
今日もちゃまるこのブログにおこしいただき有難うございます。


このお話は、あなたも幼い頃にきっと
誰かから本を読んでもらったり、あなたご自身がお読みに
なられたりで、ご存じだと思います。

イソップ物語のお話なのですが、足の速さが自慢のウサギ
足ののろいカメを小馬鹿にして言うのです。
「もしもしカメよ、カメさんよ、どうしておまえはのろいのか?」

それに対してカメは反撃して言いました。
「何とおっしゃるウサギさん、そんならおまえとかけくらべ
むこうのお山のふもとまで どちらが先にかけつくか?」


ウサギとカメ2


カメウサギに挑戦状を突き付けたのです。
ウサギカメののろい足では夕方になってもお山のふもとまで
駆けつくはずはないだろう。ウサギは自信満々でスタートをしました。
「ちよっと、ここらで一休みZzzzz~~~」



油断大敵!ウサギは途中でひとねむりのつもりが、ついつい寝すぎて
しまい、結局、勝ったのは「ノロノロ」と歩みを止めないで歩いていた
カメだったのです。


illust3323_thumb


あなたのよくご存じのお話です!

私も、幼い頃から何気なく歌を口ずさんでいました。
大人になるにつれて、その物語の教訓の意味が理解できるように
なりました。

「コツコツ、ボチボチ」と歩みを止めないで、目標に向かって
努力をしていけば、きっと目標にたどりつけるのだ!と。


今も、そう信じて、「コツコツ、ボチボチ」と私の目標の
「アフィリエイトの成功」という、向こうのお山にたどりつける
こと信じて頑張っています。


013014-2

けれど、視点を180度転換して考えてみました。
もしかして ウサギ が途中で「グーグーグー」と昼寝をしないで
走り続けていたならば、どれほど速くゴールにたどりついて
いたでしょう?

あなたはそんな疑問をお持ちになられたことはありませんか?
ウサギ は自分の足の速さを過信して油断をしたのです。

pics483

その足の速さをもっと有効に使うことができていたなら~。
確実に カメに勝ち、目標である「向こうのお山」に辿り着いた
に違いありません。


なんて、私は思うのです。

もちろん、コツコツ、ボチボチと歩を止めないで頑張ることは
何事にも代えられない貴重なことだと思います。


小さな努力を積み重ねて咲いた花はどんなに美しいでしょう!

ですが、コツコツ、ボチボチも一休みしたい時がありますよね!
しなければならない事情がありますよね!

体調を崩したり、家族の病気、親戚の冠婚葬祭、ご近所付き合い
をしたりと、歩みを止めなければならない事情があります。


そんなときのために、ウサギ的にスピードアップして、むりやり
時間を遣り繰りして出来る限りの作業をしておくのもいいのでは
ないでしょうか?

あくまでアクシデントに備えてと早く目標達成のためにです。

カメは、目標を見つめてそれに向かってコツコツ、ボチボチ
歩んでいき、ついに目標を達成したのです。

ウサギは、目標である「向こうのお山のふもと」を意識しないで、
カメに勝つことだけを意識し、目標を見失っていたのだと思います。
それがウサギの最大のミスだったのだと思います。

私は、もっぱらカメ的に家事の合間、深夜に作業をしています。
ですが、昼間の時間のロスを取り戻すために夜更かし専門です。


013014-2
また!
周囲のひとからいろんな情報が入り勧誘されます。
もっと稼げるビジネスがあるよ!
そして、それがどんなに素晴らしいものかをまくしたてるのです。

私は質問します。
「それで、あなたはいくら稼げたの?」
彼らは口を揃えて、「まだ、今からよ」というのです。


私は、多くのビジネスを体験しましたが、すべて失敗しました。
きっと、カメになりきれなかったのが大きな原因でしょう。


今度こそカメになりきって、、「アフィリエイトの成功」という
ゴールを目指してでしっかりと基礎を学んでいます。


ひとつひとつをクリアして、シニア世代の私
は、あきらめることなく「夢」のゴールに向かっています。



コツコツ、ボチボチとカメの歩みですが、毎日夢を追い続けられる
という素晴らしさを実感しながら~。




葉っぱライン

 - 未分類 , ,