年金が少ない!生活苦、下流老人からの脱出方法は、日用品を買いながら出来る副業!

*

運営者の自己紹介

 

「初めまして!

 

「ちゃまるこ」こと安永惠子と申します。

いつも大きな口を明けて、アハアハと

笑っている陽気なオバサンです。

どうぞ、よろしくお願い致します。

 

そして、星の数以上もあるブログの中から、

この私のブログを見付けていただいて、

こうしてお読みいただいていますこと、

心からお礼申し上げます。

 

これからもどうぞよろしくお願い致します 。

 

それでは、私、ちゃまるこの自己紹介をさせていただきます。

「ちゃまるこ」なんて可愛いニックネームなのですが

とんでもない程の大オバサンなんです。

 

でも、こんなオバサンでも明るい気持ちで、

毎日楽しく夢を追い続けていられるんですよ、ってことを

お知らせしたくてプロフィールを書かせていただいています。

 

~少女期~

s-flower1225

私の出身地は岡山市です。

子供のころには実家の周りはまだ田んぼに囲まれていて、

小川にもきれいな水が流れていました。

3-D-TNN338
秀吉の「高松城の水攻め」(天正10年)をご存知ですか?

その水攻めに利用された足守川が近くにあり、夏には

麦わら帽子を被って虫取りに夢中になり、汗を掻けば川に

飛び込んで遊んでいました。(泳げなかったんですウウ~)

 

そんな自然も、高度成長期を迎えて、田んぼが住宅街に、

工場に、会社に、マンションにと見る間に変貌したのです。

そういう環境の中で、伸び伸びと育った私ですが、余り人に

話したくないヒミツを持っていました。

illust3782_thumb.gif2

それは~!

私の母は私が10ヶ月の時に病で亡くなり、父親が育てようと

母方の祖父母に申し出たそうです。
祖父母は、いつかは再婚をして幸せに暮らして欲しいと父の

将来を思い遣り、私は祖父母のもとで育てられたのです。
明治生まれの祖父の躾は、とても厳しいものでした。

両親と早く別れた私が、人としての道を誤らないように、

どんな人にも差別することなく優しい心で接していける

大人になるように、との気持ちからだったのだと想い、

今では感謝しています。
当時は泣き虫で、独り遊びしか出来ない暗い性格だった私は、

祖父のトンチ話や、ダジャレに攻められ、笑顔の多い女の子に

変わっていきました。

20080727234844
「押してもダメなら引いて見ろ、それでもダメなら蹴り飛ばせ」

「ボロは着てても心は錦、金門橋は金の橋」

「親がなくても子は育つ。お馬の親子は仲よしこよし」

「生きている内ゃ笑って過ごせ、泣いても一生、笑っても一生」

 

数えきれないほどの祖父自作の格言(?)を紙に書いて机の前に

ベタベタ張られていました。
お陰さまで、近所の人や先生から「笑顔が可愛い女の子」

のレッテルを今度は、私がベタベタ張られるようになりました。

illust3782_thumb.gif2
そうなんです。

私は今も思っています。

折角、この世に生かされたのならば、クヨクヨと悩んでいる

暇はない。ならばその分、笑顔で前に進めばいいのだ!と。

 

~少女期から大人へ~

s-flower1966

多感な少女期を経て、高校卒業後に元Y證券会社に入社。

この時も面接での失敗がありましたが、その時の笑顔がおもしろかった

という理由で合格!可愛いかったのではなく面白かったのだそうです!
4年間勤務してコトブキ退社、その相手が今の白髪のオジサン!

 

結婚後、オジサンの美術専門職への転職で長崎で5年間、その後オジサンの

地元の福岡で舅、姑との暮らしで、いろいろと鍛えられました。
下の娘の小学校入学を機に、家事にいっさい支障のないように

との約束で近くの銀行で働く事の許可を得ることが出来ました。

 

朝から晩まで銀行勤務と家事で休む間もない毎日でしたが、楽しくて

すべてが新鮮でキラキラ輝いていました。

 

初めてお見えになられる方、ご高齢の方、

お身体のご不自由な方たちのお世話をさせていただきながら、

私は、人と、人との触れ合いの大切さを学ばせてもらいました。
今まで出会った数えきれないほどの多くの方から、

私は育てていただいたのだと感謝の気持ちでいっぱいです。

 

夫の両親、祖父母を看取り、二人の子供も横浜、東京へと

独立し、再び、夫婦だけの穏やかな日々が続いていました。

 

~悪魔の来訪~

s-flower2803

寒風吹きすさぶ師走の午後、二人の青年のチャイムの音から

悲劇の幕が開いたのです。
それは證券会社で絶対に手を染めてはならない、と教えられて

いた取引の勧誘でした。
断り続けても繰り返しの来訪、電話、その上司からの電話攻めです~。

執拗な勧誘が数週間続きつい根負けをして少しだけならと

許してしてしまったのです。

折しも、米国ではサブプライム問題、ギリシャの粉飾決算の

暴露から始まったPIIGS欧州ソブリン危機で、持っていた

株価はほぼ3分の1に値下がり。それでも支払いを迫られ~。

でんわ2
夫にも相談出来ず、公的なところへ相談もしましたが、

解決には程遠い内容の返答ばかり。

決して弱い者に味方はいないことを身を持って体験しました。
後で分かったのですが、その会社は架空のもので取引も実態の

ない詐欺だったのです。

毎朝、相場を報告してきていた彼らを疑う余地はなかったのでた。

 

「騙す人間よりは騙される人間になれ」とは祖父の言葉!

資金を失った悔しさと情けなさと共に、なぜ若い彼らが悪の道

に入ったのか、彼らの親御さんの嘆きを思いました。

 

~復活に向かって~

flower4859

生来の、のんきな性格は有り難いものです。

失くしたものをいくら悔んでも何も始まらない!

だったら、前進あるのみです。

 

幸いに自宅もあるし、預金も少しはある、何とかなるさ!」

そう、決めると早速、家計費を見直して徹底的倹約。

但し、オジサンにだけはそうも出来ず、従来通りを貫きました。

 

そして私は、エッセイを勉強するために始めていたパソコンで、

毎日「在宅ワーク」で検索をして、甘い誘いに釣られて数か所に

資料請求をして、自分で出来そうなビジネスに参加しました。

images-6

 

でも、初心者が簡単に報酬を得られるビジネスなどあるはずも

なく、高額の入会金、製品の買い込みを繰り返しました。

けれど、私には嘆いている暇などありません!

 

稚拙なブログを立ち上げたり、ネットワークビジネスに参加

してみたり、と頑張っていたのですが、成約には程遠く

ライテイングの勉強の必要性を実感しました。

 

~希望と夢に満ちた充実した日々を~

s-flower5471

そんな時です!

「夢」がいっぱい膨らむようなビジネスをある方から紹介して
いただきました。

【子育て主婦のアフィリエイト実践記】

「この方が参加なさっているところならば!この方ならば!」

きっと私に光を与えて下さるのでは、と思ったのが美しさと
健康を永遠に支えてくれるこのビジネスだったのです。

私どもは、すでに年金生活突入者です。

それも、減額、消費税等の増税、デフレ脱却や円安での副産物

となった物価の値上がりで生活は苦しくなるばかり。
私たちシニア世代~シルバー世代は将来に不安を持っています。

 

明るい気持ちで、たまには家族旅行をしたり、カメラを

リュックに詰め込んでのんびり独り旅や友人とランチの出来る、

プチリッチな生活が欲しいなあ!ささやかな夢なのです。

身体的、精神的、経済的に自立をすること!

 

もう一度ニューヨークを訪ね、マンハッタン、五番街を背筋を

ピンと伸ばして、赤いハイヒールで颯爽と闊歩する自分を想像

して楽しんでいます。夢を夢で終わらせないように!

img_column159_01

 

どうせ生きているなら、明るく、楽しく、元気よく、生涯現役

を目指そうではありませんか?

 

笑顔いっぱいの人は素敵です!輝いて見えます!

シニアライフを楽しみながら、私の学びは一生続く事でしょう!

最後までお読みいただきまして有難うございました。
葉っぱライン

公開日:
最終更新日:2016/06/15